鈴が好きなんですが         安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』  - 豚か狼か

鈴が好きなんですが         安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』 

週刊少年チャンピオン
05 /18 2017


 好きである…という意志が強い方には惹かれるものがありますが、好きのカタチというのは人それぞれですよね。

 
 苦手なのはそれを否定されると烈火のごとく怒りまくるタイプですね。なんつーか、自分の場合だと『好きである』というコトが周囲から否定されたりバカにされたりするコトが多かったので『そういうの諦めている』というのがあって、『それでも好きだし、好きって他人の評価は関係ないトコロにあるなあ』とか思ってます。


 マンガブログやっていると『周囲の評価は芳しくないけど自分は好き』というのが多いし、もちろん逆もある。好きというのを貫けるかが大事だと思ってます。



 2017337.jpg



 どうやら鈴は大祐に対して『まあ、それなりに仲の良い友達』程度の認識なんだろうな~。ブレなく。


 このコの良いトコロは好きの深度が深いコト。なので、それ以外のコトには素っ気無いコトなんですよね。そして、好きに対しての評価を求めないところでもある(学校では変人扱いなんで)。


 ただ『特別』というのは作中のところどころに描かれているんですよね。今回だと『大祐以外にはやらない』とか。やっぱり作者が作者だけにラブに発展するのは難しいんだろうけど、そういうのも見たいな~。


 このコがラブに入ったら、それはそれはかわいらしいコだと思うんですよね。勇チャンはラブコメが好きなんよ。応援したくなるし。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

風紀委員さんが一番好きですが

 鈴さんも同じぐらい好きですねーヽ(´▽`)/昼食をおごる大らかさや意外と人と話すのがいやじゃない所(これは大祐くんとか限定かもですが)がいいですね。もっとあの子の話を描いてほしいけど、ミステリアスなのが魅力だからやりにくいのかも(汗)鈴さんと会話しているときが大祐は一番リラックスしてるように見えるので、鈴さんと結ばれてほしいです(o´艸`)ムフフ

>好きのカタチというのは人それぞれですよね。

 私はアプリゲーム『グリモア』にはまっていたものの、世界観の複雑さ・キャラの悲しい定めのせいか冷めました(笑)しかし今でも好きですしユーザーさんが増えると嬉しくなります。飽きたり辟易しても消えない炎が『好き』なのかもしれませんね。だから昔好きだったものがまたブームになることもあるんでしょうねー。
 鈴さんもずっとオカルトに没頭し続けているといいなあ。
 





 




 

ことね先輩が



 やっぱり一番人気あるんじゃないでしょうか?


 なんだかんだオーソドックスですが、ことね先輩みたいなキャラは強いですよね~。


 >昼食をおごる大らかさや意外と人と話すのがいやじゃない所



 このコ、絶対に第一印象で損しているんですけど、同時に『多くに好かれる人が正しいなんて思わない』というトコロがあって、人付き合いは選んでいるようにも感じます。かわりに信頼を置いた人間には直球の付き合いしているようにも感じます。大祐とか呼び捨てだし(しかも男女のそれじゃない)。




>  私はアプリゲーム『グリモア』にはまっていたものの、世界観の複雑さ・キャラの悲しい定めのせいか冷めました(笑)




 知らなかったのでちょい調べてみましたが、五人組(?)のキャラバランスがメチャよろしいです。フシケンとコラボバトルしてもいいかも(笑)。


 今は『艦これ』しかゲームしてないような状態ですが、好きな艦を優先的に育ててしまう悪い傾向が……。なのでウチは戦艦&空母が壊滅的に弱い!!あんまり強くない艦とばかりケッコンしているような…。


鈴さん良いですよね!

私も常々この子良いなあと思っておりました・・・私の「ふしぎ」はその理由がなかなか掴めないことです
一見無表情なようで実はとても感情豊かな鈴さん
大祐との仲の否定にプリンを使ういじらしい鈴さん
確かにこの子とのラブは見てみたい・・・それはもう深く深く接してくれそうです

みんな可愛いヒロインズですが、大祐と鈴さんの会話劇が一番好きです
「そうだよお兄ちゃん」など、まるで幼馴染みのような気のおけない仲なのがとても微笑ましいです
確かに今のところは男女のそれではありませんが、時々、スパイスのようにそういう面が見られたらなあと思います

鈴さん好きな方に出会えてつい長くなってしまいました。どうかお許しください。

鈴ルート



 危険なトコロ(例えば下は激流の木の枝とか)に落ちた松子を大祐が取り返すコトによって『鈴ルート』とか入らないですかね~。


> 私も常々この子良いなあと思っておりました・・・私の「ふしぎ」はその理由がなかなか掴めないことです
> 一見無表情なようで実はとても感情豊かな鈴さん
> 大祐との仲の否定にプリンを使ういじらしい鈴さん
> 確かにこの子とのラブは見てみたい・・・それはもう深く深く接してくれそうです


 このコは大祐に対してイロイロなイタズラも仕掛けますが、『マジ怒りしないで、受け流してくれる』という信頼関係があって、おそらく学校生徒たちが思っているより『賢く人間関係を成立させている』というトコロもありますね。おそらく彼女に『友達多い人は数に比例して素晴らしくなる?』と聞いたら『そう思わない』と答えるでしょうし。


 そういう意味では作中最も大人なんですが、人によっては『覚めている』とも感じるでしょう。その分『好きなものには深い』という部分が彼女の魅力なんですよね。偏愛型。


> 鈴さん好きな方に出会えてつい長くなってしまいました。どうかお許しください。


 また良かったらコメントください。


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp