売りがぼやけたか?         斎藤勁吾『オドリオドル』  - 豚か狼か

売りがぼやけたか?         斎藤勁吾『オドリオドル』 

週刊少年チャンピオン
05 /21 2017


 これは大真面目なんですが


 最強のエロアニメはセーラームーンとマジで思ってます。『見せないエロ』が徹底しているのですが、たまに『わざと見せてます』というのを入れてくる配分が素晴らしい。ゴールデンタイム枠のレギュレーションを通過させた上でエロアニメとして成功をおさめた(酷い偏見)。



 2017338.jpg


 さて、久々に登場した斎藤勁吾先生ですが、前作より格段に良くなっている。特にダンスを題材にしただけあって、アクロバティクスな構図とか素晴らしい向上です。



 それだけにもったいない。


 …というのが率直な感想です。内容に対してページ数が多い。多すぎる。連載中の作品ならまだしも、読み切りでこの内容からページ数は多すぎる。だとしたら、内容をもっと盛り込むことができた(二人のダンスに対する動機とか)。また、主人公がハッキリしないのもネックだ。ダブル主人公というスタンスなのか?それともオドルなのか?だけどトビラ絵には『お嬢さま×ブレイクダンス』と書かれているんだよな~。


 ただ、ここらは実はそこまで問題じゃない。


 ギャラリーがやたら説明しまくりなのが良くない。やたらと解説情報が増えて中身がぼやけているんですよね。先に挙げた『セーラームーン』も終盤はアレコレ要素を入れまくって『愛され飽きられ』と言われ消えていったしなあ…。



 オドルが果たし状をもらって来てみたら凶華が待っていた。バトルしていくうちにお互いを認め合っていく


 …という基本二人にして、寸止めエロダンスマンガの方が焦点を絞れていいと思うんですよね。熱くてエロい内容で。そして、ページが多いようだったら、二人のエピソードを入れてバトルを加熱させるみたいに(弱虫ペダルにおける思い出ブースト)。


 それが面白く描けるぐらいに実力のアップを感じるだけにもったいないなあ……。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp