あま~い雰囲気           海島千本『雨の日』 - 豚か狼か

あま~い雰囲気           海島千本『雨の日』

週刊少年チャンピオン
05 /26 2017



 勇チャンはチャンピオンが好きだ!!読み続けていくうちにアノ作家もコノ作家も読みたい、となる。が、誌面の枠が限られているのも事実だ。ページ数三倍にして、値段三倍にしませんか?という危険思想まで出てきた。もちろんチャンピオンにヤングも月刊も別冊もあるんだけど、なんか週チャンなんだよな~。


 で、最近のチャンピオンの傾向なんですが。12ページの読み切りが多いというコト。先の『守護いね!守護霊さん』なんかも良い味を出していたけど、連載枠一つ減らして、12ページ枠二つという訳にはイカンかな?ただ、チャンピオン誌連載目指す新人さんは12ページを描ける練習はした方がいいんじゃないでしょうか?




 2017362.jpg



 さて、12ページでどうするか?


 まあ、間違っても複雑なマンガは描けない。ただ、『読む』というハードルは格段に下がる。まず読まれることが大事な新人さんにとってはチャンスでもあるのよ!!さすが俺たちのチャンピオン!!新人育成もバッチリだ!!


 さて、イラストレーターとして定評のある 海島千本先生の初登場となりましたが、このマンガもまた雰囲気あっていい。やってるコトはノロケであり、勇チャンとしても半泣きするぐらいうまらやしいのですが、実に読みやすく印象に残るなあ。


 この12ページ×15エピソードぐらいで単行本一冊みたいなのもアリだと思うんですよね~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp