盗んだ技           掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

盗んだ技           掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
06 /05 2017


 何かを始めて上達するならば『真似る』とか『盗む』というのは大事なコトだ。


 目的地に行くのに効率の良い車に乗る。その分、他の目的地も行けるし、イロイロ吸収できる。上達にそういうのは必須だ。



 が、効率の悪い歩きであっても、自分で得たものって意外に大きかったりするんですよね。あと『自分のモノ』という深度がある。竹下けんじろう先生が以前チャンピオンで描いてた『かるた』の中で



 『盗んだ技は肝心な場面で裏切るぞ』



 というのがあって、気持ちの片隅に在る。




 2017378.jpg



 裏切るよ?



 今週の『少年ラケット』にはそんな予感がバリバリです(汗)。確かに『真似る』とか『盗む』とかは大事なんですが、自分で歩いたという実感がないからグラグラなんですよね~。一見、自信を取り戻したように見えますが、俺には不安から逃れようと必死に感じられます。



 地道な反復もまた大事です。世の中ラクに結果出せるようにはできてないんだな、きっと。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp