それぞれ           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』 - 豚か狼か

それぞれ           佐藤タカヒロ『鮫島、最後の十五日』

週刊少年チャンピオン
06 /09 2017



 やっぱりマンガブログであるからにして『記事という名のあらすじ紹介』は避けたいトコロです。なので、自己主張はバリバリしていて、そこら辺は特徴ではないかな~と。



 ただ、ここで書いている『自己主張』は当然なコトに『あくまで俺個人の考え方』であり、『従え』なんて気持ちは湧きあがらず、むしろ『間違ったコト書いているんだろうな~』ぐらいに考えてます。


 ・間違ってもいい。いや、むしろ間違え。

 ・信じるな。疑え。



 …という感じに。誰かを従わせようとする思想というのはイマイチ好きになれん。人はもっとイロイロ考えていいんだよ。迷惑にならなきゃ。人にはそれぞれの考え方がある。そんな当たり前を忘れないようにしたいですね~。



 2017397.jpg



 先代のシリーズもそうでしたが、『鮫島』になって色濃くなったのは『それぞれ』の部分でしょう。力士が各々の信念を賭けて闘ってますが、作品スタンスとしては『どれもが正義でもなく、間違っても無い』という感じで。ここにこのマンガの自由さが感じられる。


 特に百雲などは『トンがった思想』の持ち主ですが、彼もまた相応の動機を背負っているんですよね。



 そして、人というのはどんな人間も『自分は正しい』と思っちゃうんですよ。そりゃ、もう本能でしょ。先にそんなコト書いている自分だって『自分は正しい』と思っちゃうから自己主張はあるんです。だけど、ブレーキは必要だ。



 どんな人間もどんなものになるんです。自分とは遠い世界の人間なんて言っても延長線上に繋がっていると思うんですよね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp