それはイヤなんだ            小沢としお『Gメン』 - 豚か狼か

それはイヤなんだ            小沢としお『Gメン』

週刊少年チャンピオン
06 /15 2017


 チャンピオン購読歴もぞんぶんに長いのでありますが、自分の購読が始まった頃にデビューしていまだに載り続けているチャンピオン作家さんという意味でも思い入れがある方です。


 小沢としお先生!!


 なので、ずっと読み続けているのですが、ブレてないな~と思うトコロがあります。



 2017418.jpg


 人を恐怖や権力等の手段で屈服させるのが嫌い…ということ。



 …これは『フジケン』の頃から変わらずに描き続けられたコトで、ここらは全くブレずに今も在る。で、自分も歳をとってく訳ですが、最近になってこの意味というか理解というか分かりかけてきたような気がする。自分も若い頃はイロイロ考えたものですが、人間関係は『お互いに尊敬をもって対等とする』がベストだと思うんですよね。つーか、俺はそれがいい。


 なので『上下関係を決めないと気がすまない人』『何が何でも上じゃないと嫌な人』とは関わりあいたくないというのがあります。なんつーか、そっちはそっちで勝手にやってくれ。俺は疲れるから嫌だ…みたいな。


 ここら辺はマンガらしく分かりやすく『暴力』とか『恐怖』とかで描かれて、だいたいのターゲットは『分かりやすく悪いヤツ』になってますが、小沢先生にはいずれ言葉を使っての暴力に対するアンサーを描いてほしいところだ。


 いや、実はこういうドラマが巧いし、おそらくは描きたいのだろうけど、そういう作品はイマイチ伸び悩んだりするんだよな~。前作の『777(スリーセブン)』は意欲作だったんですがね~。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp