労力ナシ!!娯楽!!        綿貫琢己『ヤンコと帽子』 - 豚か狼か

労力ナシ!!娯楽!!        綿貫琢己『ヤンコと帽子』

週刊少年チャンピオン
06 /17 2017


 俺自身は小説の類をあんまり読まない。なぜなら『カッタルイ』から。一冊読むのにかなりの労力がかかる。そのくせ文章打ちしているのだから、自分でもよく分からん。ただ、そういう性分なので『ラクに読める』は守りたいところ。分かりやすくて、絞られていて、長くても三分程度で。できているかは別として、『読んでいただく』というのを考えてます。



 なんで、マンガなども無闇にページ数多かったり、アレコレ手を出している作品はちょっと相性が悪い。カッタルイんです。



 2017417.jpg



 今回の新人奨励賞 綿貫琢己先生の『ヤンコと帽子』はそういう意味ではなかなか興味深い。とにかくシンプルな構成になっている。ストーリーとしても『背伸びオシャレをしたいヤンコが奮発して帽子を買うも、からかわれて捨てる。でも…とあきらめられなくて』という心理変化中心の内容だ。個人的にはもうちょっとページ数を減らすか、選評にもあったように『あとひとつふたつ出来事を入れる』にして欲しかったかな?



 ただ、このマンガ『気付きにくいスゴイ部分』がある。実はほとんどの新人ができないコトであり、下手すると大賞を獲るような作品よりも秀でた部分がある。



 読むのに労力がいらない



 …これは大きな武器だ。読むのに労力がかからないけど、娯楽としてキッチリ楽しめるという仕様になっているのは大きい。いつも書いているけど、こういうマンガブログなんて書いちゃっているのは『少数派』であり、そういうヤツはそういう美点をあんまり見ないんですよ(これは自戒を込めて)。逆にマンガを支える『フツーにマンガを読んでいる方々』というのはそれこそ作者名すら覚えないんですが、そういう方の支持を得るにはこの要素は必須だ。



 今後の課題としては『絵に綿貫先生らしさ』が出るコトと『労力ナシベクトルを邁進する』ように感じます。これからに期待のかかる方ですね~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp