自分は正しいことをしている!!         山田胡瓜『AIの遺電子』 - 豚か狼か

自分は正しいことをしている!!         山田胡瓜『AIの遺電子』

週刊少年チャンピオン
06 /18 2017


 その気になれば相手をいくらでも非難できる



 …というのはある。まず『明らかに悪いコト』というのがある。殺人とか盗みなんて論外ですが、誰しもやっちゃう悪いコトというのがある。それを見つけ出して『どうしてそんなコトしたの?』みたいに責め立てる…というのは誰にもできるコトであり、それは気持ちの良いコトなのだ。


 ネットなんかだと、その人に直接関係無いのにわざわざ絡んで強い言葉を浴びせている人っていますよね。まあ、やっぱり人だから『気に入らない』とか意見したいとかそういうのはあるんです。人間は白黒の生き物じゃない。灰色なんだから。だけど、黒い気持ちに染まってしまったら……それはさぞかし醜いものなんです。



 2017412.jpg



 せっかくの美人が台無しですね。



 今週の『AIの遺電子』はまさにそんな内容でした。おそらく『相手を想って』というのは変わらずあったと思うんですよね。そして相手は『明らかに悪いコト』している訳ですから言葉の暴力を無制限にしてもいいという状態です。自分は『人間の本質は悪』と想っているトコロがあって、そこはまさにここなんです。『反撃してこない安心感ある相手にはどんなに酷いコトもできるようになる』というのが人間なんです。最初はそうじゃなくても、次第にそうなっちゃうんですよ。おそらくほとんどの人が。



 それは『弱さ』です。



 その『弱さ』に飲まれないために『醜いな』というものを嫌う気持ちを持つように監視するのは自分自身です。今回のエピソードはここらも含めて実に充実してました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp