動機を理解したい           板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か

動機を理解したい           板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
06 /20 2017

 たがみよしひさ先生の傑作『軽井沢シンドローム』で主人公・耕平の父親の死について語られるシーンだ。


 『昔は事故とは思わなかった。死んだ奥さんをとても愛してたからなあ。でも今は事故だと思っている。死んだ奥さんをとても愛していたから』


 …という『どっちの理由もあるけど、時間の経過で考え方が変わった』というセリフだ。動機、というのがあって、当たり前なんだけど忘れちゃうんですよね。人それぞれだっていう当たり前を。それを自分の枠に当てはめて正否の二元論で判断しちゃダメなんじゃないでしょうか?




2017421.jpg




 今回は『なぜハルはヤリマンなのか?』という確信の部分に踏み込んでいて作品の緊張感もなかなかスゴイことになってます。


 が、これに関してはどうだろう?ここで注目したいのは『ハルには他に二人の兄弟がいる』 というコト。ハル自身は身体が小さいとかあったみたいですが、それでも似たような環境に育った二人がハルのようなヤリマンORヤリチンに育った訳では無いだろう。むしろハルは『変わった子』なんです。


 ただ、その『変わった子』であっても、シッカリとした動機はあるんですよね。


 おおよその方は理解はできないであろう。いや、理解できちゃダメなんです。だけど『理解したいかな…』という気持ちぐらいはあってもいいかな~と思うのです。そのことに真面目に向き合っている方ならば『理解できない』からといって排除しちゃいけないんですよ。いや、そんな難しいコトじゃない。『そういうヤツも世の中には居る』ぐらいのスタンスでいいんです。


 実際、ハルとしても『理解はいらないけど、ほっておいて』という雰囲気を常に出してましたね。


 それにしてもレゴシへの可能性も出てきたか~。これは楽しみな展開!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp