これが私たちの距離感          林雄一『木になる森さん』 - 豚か狼か

これが私たちの距離感          林雄一『木になる森さん』

マンガレビュー
06 /25 2017

 ちょっと前にあの『スクールウォーズ』がブルーレイボックス化されると聞いて喜んで購入した。自分にとってとても大切な作品です。荒廃した学校を熱血教師が建て直し、ラグビー部を全国優勝に導くという実話を元にしたドラマでした。


 この作品には『強い正しさ』を変わらずに感じます。また、歳をとったせいか、ドラマへの理解が以前より変わってきた(特に下町のヒーローの回)。


 
 が、フト気付く。確かに素晴らしい作品ではあるが、今の中高生には理解不能の作品ではなかろうか?というコトに。例えば主人公・滝沢がフ抜けた試合をした生徒を涙ながらにブン殴るシーンがあって、それで生徒たちは目を覚ますのですが、これはおそらく現在の中高生には『理解できない』だろう。俺は解る。おそらく俺以前の世代も解る。



 ここが問題なんだ…と気付いた。



 こういう『これが正しい』と感じたモノを別の理解不能な世代に押し付けてはならない……というコト。これを無理強いするといわゆる老害というヤツです。なにも自分たちの価値観を捨て去れ……というコトでは無い。経験は貴重な財産だ。それを踏まえた上で『新しい世代の考え方も吸収する』という意志が大事なんですよね。



2017438.jpg


 さて、当ブログで度々書かせていただきました 林雄一先生の『木になる森さん』の単行本が発売されました。全一巻というのは読みやすい反面、ちよっと名残惜しい……。いや、林先生自らが続きを同人誌等で発表しても(カバー下参照)。



 このマンガの魅力的な部分というと自分は『距離感』というのに集約されます。俺のようなオッサン世代というのは『ぼっちはぼっちが悪い!!』という認識がある世代なんです(本当に情け無いコトですが)。なんで、俺がガキの頃のマンガとかアニメとかは『主人公が行動して、ぼっちが友達に囲まれる』というオチを良しとしてましたが、そろそろ若者には説得力として通用しない時代に差し掛かっているだろう。『無理に友達をあてがっている老害認定!!』という感じに。が、相手を想う気持ちというのは尊重したいトコロは善意です。俺のようなオッサンは新世代の考え方を学ぶ必要がある。



 作中の牧島くんと森さんは開始当初『周囲と違う距離感』に負い目を感じていましたが、ここら辺はキチンとうまく着地させて終わってます。この二人はこの距離感がいいんですよね(妹の月葉も当初とまどっていたし)。



 それにしても、この単行本デザイン!!タイトルの間に林先生の名前がクレジットされているんてすけど、木→林→森 という面白い配置にしているな~。デザイナーさん、いい仕事してます。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp