駄菓子屋の思い出             原悠衣『きんいろモザイク』 - 豚か狼か

駄菓子屋の思い出             原悠衣『きんいろモザイク』

原悠衣『きんいろモザイク』とかイロイロ
06 /27 2017


 俺がとってもえらくなってイロイロ自由にできる立場になったら、ラジコンの義務狂育はやるとして、駄菓子屋優遇政策は行うだろう。


 ガキの頃は全然理解できなかったが、あれはもう完全なボランティアだよね。時給換算して100円にも満たないんじゃなかろうか?そんなワリの合わないコトをやっていたジーチャン・バアチャンは偉大である。こういう活動をしている人を讃えなくて何が人間社会か?


 2017439.jpg



 さて、今週の『きんいろモザイク』は世界一マズイ菓子を食べた後に…



 2017440.jpg



 カレンたちは駄菓子屋に行く…というストーリーです。作中では『子供っぽい』と揶揄されてましたが、勇チャンは高校三年生まで行ってたりする。しょっちゅう。


 …というのも、当時の駄菓子屋はゲーセンも兼用していた。街中のゲーセンは1プレイ100円であり、50円の台は人気薄だったり、ちょっと古かったりでした。駄菓子屋ゲーセンはプレイ料金が安いのが魅力!!瓶入りのドクターペッパー飲みながらやってました。



 さておいて



 今回の『きんいろモザイク』を読んでムショーに駄菓子屋に行きたくなってしまった!!さすがにこれは問題なので行くコトは無いが、あのチープさの中の魅力は何だろう?100円握り締めての万能感とワクワクって失ってしまって、二度と帰ってこないような気がする。そこが『問題』なんですよね。もう、俺は駄菓子屋に行くコトを許されない感性になってしまっているのよ。ここら辺はクッキリと分かる。



 『きんいろモザイク』という作品は『この年頃のキラキラした輝き』を描く面白さがありますが、今回のエピソードは『もう二度と手に入らない感覚なんだろうな』とちょっと胸がチクりとするものがありました。


 だからこそ、まだギリギリまで許されるアリスたちには今しか楽しめないコトを楽しんでほしいな~。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp