良かった探し          小沢としお『Gメン』 - 豚か狼か

良かった探し          小沢としお『Gメン』

週刊少年チャンピオン
07 /09 2017


 このマンガブログもそれなりに長く続いちゃってますが、開始の頃はかなり酷かった。文章レベルとかでなく(これは今もかなりヤバい)、マンガ作品に対する姿勢が。ケチばかりつけていて、たまに読み返してみると書いたヤツに殺意を抱く。あ、書いたの俺か…みたいな。


 ただ、『続ける』というコトの意味も痛感した次第で、だんだん『マンガって良い部分を注目した方がいいよな』という考え方に変化してきた。良い部分を見るというコト。これはとても大事なコトなんだと。


 『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』と『あばたもえくぼ』であるめのならば後者のようになりたいと思います。正否じゃなくて、そっちのが自分自身の為でもあるから。欠点ばかりほじくり返して悦に浸るような貧しい感性になりたくないから。




 2017465.jpg



 今回の『Gメン』は当初、勝太を巡って仲違いしてましたが、伊達が入ったコトによって雰囲気が良くなりました。


 ああ、これって本当に大事なコトなんですよよね。今回は『勝太の良かった探し』ですが、こういうコトってとても建設的だし、誰もがハッピーになれていいですね~。『そんなのなあなあの甘やかしじゃないか』なんて意見もあるかもですが、お前は一生ずっと何か欠点を探し続けているつりか?とか思っちゃう。先に書いたように、そういう気持ちも分からんでも無いし、自分もそういう時期がありましたが、そういう貧しい心は早く決別した方がいい。



 相手の良いトコロを認めるというのは、他ならぬ自分自身の為ですね。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp