重ねた年輪            掛丸翔『少年ラケット』 - 豚か狼か

重ねた年輪            掛丸翔『少年ラケット』

週刊少年チャンピオン
07 /09 2017



 どういうキッカケだったかはともかく『続いている』というのが最強な気がする。



 スポーツマンガにおいては昨日今日で始めたヤツが日本一というのも珍しくないけど、やっぱり『続いている』というのは強い。素晴らしい安定感がある。





 2017466.jpg



 今回の『少年ラケット』は森原ペアが少年マンガ展開をなぞりながら頑張るもそれでも勝てないという結果でした。先週などは『選手個々の能力なら森原ペアのが上』という情報提示もありましたが、それでも勝てない…というコト。



 蘭天ペアの重ねた年輪はやはり強かった、というオチです。



 ここら辺は自分も分かりますね~。マンガずかり読んでいるから『書くネタに困ったコトが無い』というのがある。一時期チャンピオンのブログがけっこうあって、それらを運営されていた方の全員は俺よか優秀でした(卑下でも謙遜でもなく事実として)。だけど、どういうわけが俺が続いてしまったのは『続いていた』という一点だけは重ねていたんですよね。特に俺のような撮り得無しは『続ける』しか方法が無いんです。最近は否定されがちな考え方ですが『継続は力なり』をもうちょっと信じてもいいんじゃないでしょうか?




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp