一瞬を描く            マワリミチチカミチ『光の僕、照らすは日々の君』 - 豚か狼か

一瞬を描く            マワリミチチカミチ『光の僕、照らすは日々の君』

週刊少年チャンピオン
07 /10 2017


 物語というのは『一瞬のピックアップ』とも言える。


 チャンピオン誌の『弱虫ペダル』はひたすら自転車こいでいるマンガでありますが、当然坂道たちはインターハイに出場している時間より、学校の授業に出ている時間のが長い。いや、自転車そのものに於いても練習している時間のが長いのは当然だ。


 だが、そんなドラマ性の無いコト描いてもマンガは成立しない。そういう意味で『一瞬のピックアップ』は当然である。



 だけど、その一瞬に『何が詰まっているか?』を描くのもマンガの面白さだ。そしてそれは読み切り向きというテクニックとしても見逃せない。



 2017461.jpg



 マワリミチチカミチ先生の『光の僕、照らすは日々の君』もそんな『一瞬を描く』マンガだ。


 冒頭でラストシュートを放った主人公が泣く…なぜ?という見事に興味を惹いてからのドラマだ。ここら辺は『好み』とも言えるが、自分はミステリー作品というのが苦手だ。トリックに対しての興味が無い。『ウルトラマンが必ず勝つ』みたいな感覚だ。自分が興味あるのは『動機』である。


 なので、この作品は実に楽しめた。マワリミチ先生の再登場に期待したい。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp