美人で聡明で皆が憧れるパイセンが…!!          安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』   - 豚か狼か

美人で聡明で皆が憧れるパイセンが…!!          安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』  

週刊少年チャンピオン
07 /14 2017



 エロは落差である!!



 そう、社会的ステータスが高い方があけっぴろげにエロを発揮する落差がエロを発生させるンや!!美人で聡明で皆が憧れる方が…勇チャンをグーで殴るのならば、ハアハアしながらウレションを漏らすであろう。『お、オラのような学歴もなく年収も低いブサメンにあのような方が…!!』と想像して書いているだけでイッてしまいそうです。勇チャンはドMなのです。



 2017473.jpg



 そういう訳で、『フシケン』におけるエロ担当は ことねパイセン以外にありえない。彼女の日常がそれであるほどに、今回のような水着回はシャイニング&バーニングになるのだ。



 つーか、実際エロくなっております。


 もちろんシチュがそうさせるのですが、『イカ娘』の時も水着シーンはあった。つーか、海の家が舞台なんだから当然なんだけど、作中では徹底的にエロは描かれなかった(ごくごくたまにあった程度)。



 上記の我像における ことねパイセンがエロ目的で描かれているのですが、この『目を描かない』というのはエロでは欠かせない、テクニックの一つだ。マンガにおいて最も効果の高い身体パーツは目なんですが、それを敢えて描かないコトによるエロというのはあるんですよね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ことねさん

 私でしたら才色兼備で人望のある方に殴られるよりも甘やかされたいです(笑)どちらにしろ立派な女性が相手にしてくれるのは嬉しいですよね。

 何でもこなせそうなことね先輩がカナヅチなのは意外でしたねー。苦手なことはまだあるのかも。優秀ですが人間味があるのが彼女の魅力ですね。規則正しい麗子さんがド変態の構ってチャンだったり鈴さんが感情豊かだったりで、ギャップが面白い作品ですよね(*>ω<*)

 手品回で千晶さんに「備品だから粗末に扱わない方が良い」とたしなめる、千晶さんの水泳法に目を輝かせていることねさんに呆れたりと、鈴さんは案外常識人だよね、と思いましたe-465
 

王道的ギャップ



>  何でもこなせそうなことね先輩がカナヅチなのは意外でしたねー。苦手なことはまだあるのかも。優秀ですが人間味があるのが彼女の魅力ですね。規則正しい麗子さんがド変態の構ってチャンだったり鈴さんが感情豊かだったりで、ギャップが面白い作品ですよね(*>ω<*)


 この手のマンガで欠かせないのが『お料理回』ですね。千晶パイセンが『意外に繊細で上手かった!!』という展開もありそうです。


> 千晶さんの水泳法に目を輝かせていることねさんに呆れたりと、鈴さんは案外常識人だよね、と思いましたe-465
>  


 あ、多分このコは『オカルトが心底好き』という部分が突出してますが、いたってマトモどころが最も大人であるように感じてます。


 そろそろ、廃部になった化学部のメガネっ子は再登場するんかな?


宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp