小さなコマに        西修『魔入りました!入間くん』 - 豚か狼か

小さなコマに        西修『魔入りました!入間くん』

週刊少年チャンピオン
07 /15 2017


 マンガブログをやっているとたま~にクソ記事書きたくなるんですよね。徹頭徹尾ひどいヤツ。


 特に真面目なのが続くと書きたくなる。それは精神衛生上しかたのないコトなのだ。で、マンガ家さんがコリコリと地道&地味にマンガを描いているうちに『そうなるのではないだろうか?』というのはある。本編とは関係無いところへ遊び心を入れてしまうの。作品の片隅に。


 これから先、ひょっとしたらAIがマンガを描く時代だって来るかもしれないが、どんなに文明が発達してもここら辺の味わいは『無理』なのではないだろうか?




 2017475.jpg


 そうそう、こういうヤツね。


 今週の『入間くん』で面白かったのが、アメリを威嚇するクララで、以前の出来事からの心理変化です。こういう描写って結構好きなんですけど、他の方はどうなんだろう?


 ちなみに『シャー』であるが、この猫風味の威嚇はガキの頃の出来事を思い出す。当時のユルユルであった小学校は野良犬・野良猫が普通に校庭をブラブラしていた。で、子猫が野良犬に絡まれていたんだけど、母猫がやってきて、自分より何倍も大きい犬を『シャー』と威嚇したんですよね。一分ぐらいにらみ合いが続いて、犬が逃げ出したんだけど動物でも『母親の愛情』というのがあるのだな~と感じました。


 マンガの『どうでもいい描写』というのは『どうでもいいコトを思い出す』。これはどんなにAIとか文明が進歩しても無理な気がするんですよ。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp