キャプテン         掛丸翔『少年ラケット』   - 豚か狼か

キャプテン         掛丸翔『少年ラケット』  

週刊少年チャンピオン
07 /17 2017


 スポーツマンガの主人公はチームを引っ張っていく存在であるんだけど、意外とキャプテンにならなかったりする。


 もちろん、ちばあきお先生の『キャプテン』とかタイトルまんまの『キャプテン翼』もありますが、管理職的な要素をつけると主人公がノビノビ活躍できなくなるんだろう。




 2017480.jpg



 『少年ラケット』においてはチームを引っ張っているのはヒロで、主人公イチローはそれに導かれていくような存在だ。そして、この部のキャプテンはシゲなんだけど、作品の中では目立たない。



 もちろん、これはワザとで、こういうキャラバランスの描き方が『少年ラケット』だな~。あくまで主人公はイチローであり、ライバルはヨルゲンという物語の骨子は明確ですが、イロイロな選手のドラマがありますよ、という感じで。


 度々書いてますが、このマンガだと自分は『佐々木くんが好き』なんですよね。だけど、彼が主人公になったらたちまち作品のバランスが悪くなっちゃう。やっぱり役割分担というのはあるんです。


 だけど、イチローばかり描き続けたら、やっぱり『少年ラケット』という感じから離れちゃうのもありますね。


 今回からシゲキャプテンの試合に入りますが、彼には彼のドラマがあるんです。




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp