サマーナイトフィーバー(コメントより)        板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か

サマーナイトフィーバー(コメントより)        板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
07 /24 2017


 『裸の王様』というのはメチャクチャよく出来た話だな~と感じます。この『馬鹿にはみえない服』と語った詐欺は天才ですらあるよね……。


 この心理を利用する方法というのは『アリだな』と思う。なんつーか、訴えたら負けという図式で展開させる方法だ。



 2017851.jpg



 『ビースターズ』という世界観もまた『すげーよな』と感じずにはいられない。


 人間の知能があり、動物の本能も抱えたキャラクターというコト。これ自体は珍しいものでは無い。子供番組でそういうのが出る方が普通だ。また、これらの表現は万人受けする。野球とかのマスコットにも使える。


 が、フィクションの利点をより浮き彫りにさせる…というメリットが活かされた作品だ。


 フィクションのメリットと言えば暴力……場合によっては殺人描写もアリというコト。またマンガやアニメであるとさらに『踏み込みやすくなる』というのがある。殺人すら『笑いの要素』に変換できるのだから。


 が、この『ビースターズ』という作品……特に今回などはフツーの人間デザインだったらいかにチャンピオンといえども載せられないというハードルを飛び越えられるんですよね。別に『抜けるエロシーン』を描くのが目的じゃない。だけど、ドラマを描くのにホテルでの会話を描きたい…とするならば、ここも計算ずくでこの設定だったら板垣巴留先生は本当にスゲェよ!!



 マンガ表現の規制とか云々あがる時もありますが、アイディアというのは覆すコトができるのだな~。今回はまたマンガのス後さ恐ろしさを感じた回でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp