殴って許す          瀬口忍『囚人リク』 - 豚か狼か

殴って許す          瀬口忍『囚人リク』

瀬口忍『囚人リク』
07 /25 2017


 暴力を許さない


 …とする考え方は分かるし、自分としてもそれを支持したい。が、それに続いて『話し合いで解決できる!!』と得意気に語るヤツは要注意だ。多分、その人は会話の組み立てが得意なのだろう。


 と言うか『それなりの知識と知能があれば言葉で言い負かすのはそんなに難しいコトじゃない』というのを知っている人なのだ。


 そして、そういう人は『言葉の暴力ならば何をしても構わない』と会話ゲームを楽しんでいる可能性が存分に高い。アウトにはならずに確実に相手を精神的に殺すコトを楽しんでいるヤツだ。



 そして



 そして、実は『言葉はそこまで万能じゃない』というコト。ルールに乗っ取った統合性はとれても、人の心を動かすのに絶対じゃない。時には暴力が人を救うこともある。



 2017854.jpg



 今週の『囚人リク』はいたたまれなくなった内海に対して、暴力をふるうレノマが描かれました。これをね古い世代は『愛のムチ』とか言ったりしますが、それはちょっと違う。変な言い方ですが『知恵ある暴力』という感じです。


 殴って許す…という知恵なんです。この場合、これが最も効果的なんじゃないでしょうか?俺としては『暴力反対!!話し合いで解決できる!!』という方に是非とも今回の内海を救済してほしいと思います。おそらくそれは無理だけどね。



 言葉が万能だと思うのは思いあがりだし、それは悪意ですらある。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

暴力による制裁は必要だと思う。ナンバシリーズで出てくる図に乗ってる悪党達や聲の形に出てくるいじめの加害者達も。やっぱり徹底的に痛めつけないとフェアじゃない。内海が死にたいなんて言ったらレノマは絶対許さないだろうな・・・。

それは


 分かりかねますね~。


 なぜなら世の中には確実に『鉄拳制裁を理解できない人』とか『効果が無い人』が居るので。そういう人は『関わらない』が正解だと思います。そこまでお人好しでなくていいんで。

No title

理解できない人、効果がない人は何故存在するんだろう?人間の本質はわが身が可愛い、見たい物しか見ないからかな?

存在しなかったら良いのにと思う。見るのが嫌だと言っても、自分が一番だと言っても結局見ないといけない時がくるし、自分より上の存在に会って打ちのめされる事もある。それは健常者もサイコパスも同様である。どんな人間であっても、自分と向き合わないといけないし、嫌な事に付き合わないといけない。関わらないと言う手もありだと思う。しかし関わらざるを得ない場合はどうしたらいいのか?

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp