チャンピオン34号の感想 - 豚か狼か

チャンピオン34号の感想

今週のチャンピオン
07 /26 2017


 チャンピオン誌も新連載陣攻勢きましたが、やはりここにも松本豊先生の名は無かったか……。


 ええ、俺はマンガに関してはメチャ諦めの悪いヤツなんで。いつでも待ってるぜッ!!




『JINBA』~別記事にしました。


『花山道』~別記事にしました。


『フシケン』~別記事にしました。


『六道の悪女たち』~今回のシリーズは悪役の魅力がイマイチに感じられるな~。特にボスである童子が小者すぎた感アリ。むしろNO3だった葵の方が狂気と弱さが描かれていて面白いかったかな…。


『浦安』~別記事にしました。


『ビースターズ』~別記事にしました。


『鮫島』~別記事にしました。


『入間くん』~別記事にしました。


『猫神じゃらし!』~クラゲ、素手で触るとはチャレンジャーだな…。


『囚人リク』~別記事にしました。


『吸血鬼すぐ死ぬ』~顔がよく分からないまま退場したバッターさん……。


『Gメン』~ギョウザチャレンジは過去にもありましたね~。


『この暗殺者がすごい!アヤメ編』~別記事にしました。


『虚ろう君と』~別記事にしました。


『AIの遺電子』~確かに余暇は増えているはずなんですけどね…。


『少年ラケット』~別記事にしました。


『木曜日のフルット』~今回はたまに載る風刺バリバリな回でしたね~。



 アシスタントさん募集に平川哲弘先生の『新企画進行中』とありましたけど、欠乏していたクローバーパンチが補充できると考えるだけでハアハアします。やった!!






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp