ながてゆか『蝶獣戯譚』       - 豚か狼か

ながてゆか『蝶獣戯譚』      

サクっと読めるマンガ…サクマン
09 /06 2017


 …と、記事の前に。 『どういうコーナーなんでしょ?』という拍手コメントが入りましたので、趣旨をば。



 文字通り『サクッと楽しめるマンガ紹介』というコトが第一前提です。サクッと読めるマンガ…というのは『マンガは娯楽』と考えている自分にとっては大事なコトで、そういうマンガを紹介していけたら…と始めました。なので『フツーにマンガ読んでいる人も楽しめる』と感じた作品を紹介します。


 『分かる人には分かる』とか『読者を選ぶ』とかそういう類の言い回しは好きじゃないので。あと、何か新しいコトをしたくなったんですよね。フルコンタクト実戦マンガ記事でいきます!!押忍!!




 2017954.jpg



 今回は ながてゆか先生の『蝶獣戯譚』です。全二巻。


 時代背景は江戸初期で天下泰平の世に向かいつつも、その時代のうねりに飲み込まれた『はぐれ忍者』を於蝶(おちょう)が狩っていくいく…というものです。


 まず、作品のあらゆる要素のレベルが高い!!絵もコマ割も、ドラマとしての面白さも申し分ない。そして、サクサク読めて『ああ、面白かった…』と僅かな空き時間で満たされるというのもこのコーナー向きの作品です。連載中に雑誌が無くなっちゃったのが痛かったですね…。



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp