一人では生きていけない        古川一・白土悠介『虚ろう君と』 - 豚か狼か

一人では生きていけない        古川一・白土悠介『虚ろう君と』

週刊少年チャンピオン
09 /10 2017


 プラモデル…という魔性の趣味!!


 あれこれ手を出して、なかなか組みあがらずに中途半端になってしまう…。未完星人などと揶揄されたり。一つに絞るというのには誘惑がある。が、これは楽しみであり趣味なので特に問題は無い。



 マンガというのは『アレコレ描きたくなった』に従ったら、シッチャカメッチャカになった作品も今までたくさんあるしなあ。だけど、一転集中だからといって成功が約束された訳でもなかったり。




 2017966.jpg



 さて、最終回の『虚ろう君と』です。この作品はアタマ抱える。自分はメッチャ好きですが、だからといって誰にでも勧められる…という作品ではない。なんつーか『惜しい』という要素の塊で爆発しきれなかったなあ。


 煮物作ってたんだけど、アレコレ材料入れてたら生煮えになっちゃった…という感じで。


 で、考えましたが、このマンガって結局は『人は一人では生きていけない』というのを描きたかったと感じます。あらゆるキャラがそれを物語っているし。ここら辺が本当に惜しい作品でしたね~。最終的には、知理とさなかがラブラブになってしまったような…。これも、軽薄っちゃそうだけど、ダブルヒロインで読者が『どっち?』となるヤキモキでも良かったかも。かなり個性の強い作品だから、このぐらいベタ要素があっても良かったかな?


 …良かったかな、なんて書いても連載は終了してしまったので自分としてもなかなか辛いのですが。マンガはままならないなあ。


 作画の白土先生の絵は連載追うごとに魅力がアップしてきたので、一度完全オリジナルを読み切りでいいから載せてくれると嬉しいです。



 

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp