ものの例え            板垣恵介『刃牙道』 - 豚か狼か

ものの例え            板垣恵介『刃牙道』

週刊少年チャンピオン
09 /22 2017

 マンガ入門書なんかで、



 キミだけの武器を持て!!!!!!


 というボンヤリした謎アドバイスが無くならないのはなぜだろう?それ思いっきり精神論だろ……。これなら気合と根性で切り抜けろのがマシですらある。そして、勇チャンはフルコンタクト実戦マンガ記事を提唱してますので、気合と根性の精神論で推し進めたいトコロですが、今回は『キミだけの武器』について。



 2017986.jpg



 ものの例えが逸脱している


 …これはもう板垣先生ならではの『武器』であろう。他にも使い手はいるだろうけど、板垣先生の『メイン兵器』とも言える。が、バキが一般的な人気になったのは何時ごろか…と考えると『キミだけの武器』が見えてくる。


 ちなみに『一般的な人気』というのは『ラーメン屋とか定食屋に置かれる』というのが一つの目安だと感じる(コレはどうでもいいか)。


 自分の手応えとしては「グラップラー』の頃は『マニア・オタクが読んでた』というイメージが強い。『バキ』になったあたりから人気が明確化されたように感じる。


 で、考えたんだけど『キミだけの武器は通用するか?』とか『通用するまでにどれぐらいかかるか?』の概念がスッポリ抜けているんだよな……この手のアドバイス。そもそもマンガってのは『即効性』と『遅効性』という要素があって、『即効性』要素が強いと、人気出てもスグ失速すんのよね…。『キミだけの武器』というのは明らかな『遅効性』だ。



 そして、バキシリーズは今も続いている。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp