物語の巻き戻し            板垣恵介『刃牙道』 - 豚か狼か

物語の巻き戻し            板垣恵介『刃牙道』

週刊少年チャンピオン
10 /05 2017


 又聞きなんで『誰が言ったか?』は伏せますが、某有名マンガ家で『マンガでやっちゃいけない』という展開に


 『物語の巻き戻し』


 を挙げていたそうだけど、自分もこれには完全同意です。


 苦労して倒した強敵とまたすぐに戦う…みたいな展開ですね。バトルマンガでありがちなのが、初期のライバルが巡り巡ってラストバトルになるのは『アリ』だ。例を挙げると『BB』とか『はじめの一歩』ね(まあ、俺の中では対千堂戦なんだけど)。


 なんつーか、地道に作っていたプラモデルがいきなりブッ壊れて、すぐに『もう一回作り直し』みたいな。自分の経験やらレベルが上がって『過去のキットに再挑戦』とはわけが違うのよ。



 20171019.jpg



 うわ…。ヤナ予感しかしねえ…。 



 個人的にバキシリーズ最大の弱点だと思っているのが『またやるのかよ…』という巻戻しの多さだ。ただでさえテンポの悪いトコロに、コレが入るから著しく意欲が下がる。


 バキに関してはいまだに『トーナメント展開にしてくれ』という要望が多い(ような気がする)のは『こういう展開はいらない』と思っている方が少なからず居るんじゃないかな~。


 バキが武蔵に再挑戦する!!と息巻いてもイマイチ熱が入らないのは『バキ自身に変化が無い』というのもあって(対武蔵の特訓をした。秘策を考えた等)、これも『巻戻し』感があるんですよね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp