救われてはいけない                板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か
FC2ブログ

救われてはいけない                板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
07 /31 2018


 ちょっと前の『六道の悪女』にてミナミというキャラクターの扱いに関して疑問が残った。これは『自身の資質』の問題であるんで、『大多数の読者が納得すればいいんじゃない?』というのがある。マンガは俺一人の為に描かれている訳では無い。が、大多数とは違う意見を言えるのもマンガの自由さであると思う。



 このキャラクターは絶対に救われていけない



 …まるで強迫観念のようにそう思う。ミナミというキャラは……少なくとも自分が作者ならば殺すまではいかないまでも『ずっと苦しむ必要がある』と思ってしまっている。物語は救われてはいけないキャラクターというのがあるから。



 テレビアニメ『タイガーマスク』の最終回だ。初期のタイガーマスクはラフプレイのヒールレスラーであったが、次第にフェアプレイ精神を旨としたヒーローとして描かれている。が、最後に戦った相手にマスクをはがされてしまい正体がバレてしまったからには従来のラフプレイ…こいつを後半延々とやる。目潰し・金的・折れた机で背中を刺す……そして最後には殺意を持って殺す。試合中の事故では無い。殺すのだ。



 今であったらば許されない描写であろう。が、それは『無知』だと思う。創作物のキャラクターは救われてはいけないのが存在するんです。それは日常の中で決して無くならない理不尽であるからです。






 2018452.jpg




 その理不尽は深く染み付いてそこに生きているから。




 今週の『ビースターズ』は今までで一番深い悲しみを自分は感じました。が、だからといってイブキが救われていいか…と問われたら『残念ながら、こうなるしか無かった』と感じる。彼は真面目すぎた。




 そして、そういう理不尽は他人事じゃないんです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp