教養          石黒正数『木曜日のフルット』        - 豚か狼か
FC2ブログ

教養          石黒正数『木曜日のフルット』       

週刊少年チャンピオン
08 /10 2018


 教養…という単語を聞いてアナタは何をイメージするだろうか?




 いろいろな知識をアタマに入れている


 学業が優秀


 その分野に特化している



 等々あると思います。石ノ森章太郎先生が語った『教養』が自分にとってのそれだ。『一つの対象に対してあらゆるイメージを広げられる感性』というもの。実に難しいことですがが、『一を聞いて、十悟る』みたいな力だ。





 2018474.jpg



 今週の『フルット』はたまに描かれる『教養の無い人に対する皮肉』として展開している。ここら辺はネット環境の発達により『可視化された』という気もする。そういう教養の無い人はこともあろうに声が大きいというのもあって、なかなかに難儀だ。



 これって暴言だというのは自覚してますが『バカに世の中の基準を合わせちゃいけない』って自分は思っていて、ここでいうバカは『教養の無い人』だ。教養=知識量みたいな方はヤバい。話が平行線になるのだ。



 一応はマンガブログやっているからには『普通の人よりは量読んでいる』とは思う。が、世の中『俺よりマンガを読んでいるのに下手すると作者名すら意識してない』って方もポツポツいたりするのよ。イメージを広げられない方。これは本当にヤバい人種なんだ。



 そういう人って、上記画像のダジャレに気付かなかったりするんだよな……。その作品を読んでいるにも関わらず。『イワンの馬鹿』というダジャレに皮肉が込められているように感じます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp