消えちまえ              灰谷音屋『ジュニオール』 - 豚か狼か
FC2ブログ

消えちまえ              灰谷音屋『ジュニオール』

週刊少年チャンピオン
09 /01 2018



 昔っから『組織』ってのが大嫌いで信じて無い。学校の部活動の仕方なく、やってみて『やっぱり合わないから辞めた』って感じでした。周囲からは『根性が無い』とか『協調性が無い』と言われましたが。



 が、ここにきて『あれ?やっぱり俺の感じたコトは正しかったのか?』と思う。



 というのも、スポーツ関連で指導者の腐敗っぷりが連日にぎわせている。こういうのを表面化できる流れができたのは大きい。ただ、昔っからアイツ等みたいなポジションはクソしかいねぇよぐらいに思っている。こういうヤツ等がいるから世の中は悪くなるんだ…って。今がそれを改めるチャンスなんだって。



2018510.jpg



 消えちまえ、役立たず




 今週の『ジュニオール』を読んで感心した。これを読まれた若い方に期待したいんですが『こういうヤツはどんどん軽蔑して、こんな感じにあしらってやれ』って思います。いいんだよ、それに気付かないバカなんだから。もうね、こういうヤツは二度と治らない。アル中の例えとして『アルコールが必要な奈良漬を元の野菜に戻せるか?戻せる訳が無い。それがアル中なんです』って聞いたコトがありますが、人間もそうなんです。


 ここまでダメになった人間……しかし年功序列的にそのポジションに収まった人間は治らない。


 この『ジュニオール』という作品は『子供が大人なしで勝利する』というテーマが掲げられてますが、実際のトコロは幼稚な大人は成長の妨げでしか無いとコトなんですよね…。



 幼稚ってのは『嗜好性』じゃないんです。『自分の保護・利益しか考えてない甘え』なんですよ。






 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp