リーダーの仕事             水森崇史『マウンドの太陽』 - 豚か狼か
FC2ブログ

リーダーの仕事             水森崇史『マウンドの太陽』

週刊少年チャンピオン
09 /07 2018


 チームで目標をもって行動する時は『当然良い雰囲気』にしなきゃならない。そりゃ、当然に。



 が、ここで忘れちゃいけないのが『何のために』だったりする。雰囲気が悪い中、焦ったリーダーは『なぜもっと頑張らない!?』とか声を荒げて台無しにしたりするものです。



 『そよ風程度』というバランス感覚は大事だと思うんですよね。




 2018519.jpg




 津曲キャプテン、やるな!!



 この男、いつもさりげなく皆の気分を上げている。今回は特に念入りにやってますが、こういうタイミングでこういうサジ加減で行える彼に『やっぱりキャプテンはこの人でないと…』という問答無用の説得力を感じるのです。



 彼はムードメーカーかと聞かれれば『ちょっと違くない?』という気もする。太陽とかのがその単語はシックリ来るだろう。




 でも、本当に『良いリーダー』って彼みたいなのを指すんだろうな~。自己主張しないコトが役割ですって『解かっている人』が。ここで自己主張するってのは『自己評価が気になる』ってコトで、結局は個人の利益なんです。津曲キャプテンは『チームとして』を念頭に置いているんですよね。自分もこういう人になりたい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp