???            増田英二『週刊少年ハチ』 - 豚か狼か
FC2ブログ

???            増田英二『週刊少年ハチ』

増田英二『実は私は』 『さくらDISCORD』
09 /15 2018


 線引き



 コイツができないで何でもリアルに照らし合わせるヤツはフィクションに向いてない…というのがある。例えば、バイクマンガなんかで『ノーヘルで走っている!!』とか言ったりするのは『向いてないからやめたら?』って感じになる(特に昔の作品に)。このヘルメットを被ってないというのは『キャラクターの表情が分からなくなるので、マンガとしての盛り上がりを優先させた』というコトである。


 チャンピオン誌であれば『弱虫ペダル』のヘルメットがそれにあたる(作画時間短縮もあるんだろうけど)。それを言う人は『銀行強盗がヘルメットを被る理由を理解できないアタマのかわいそうな人なんだな』と思うコトにしている。


 が、ちょっと前に放映されたバイクレースアニメで現実にある競技を題材にした作品があった。『試走行で感触を知りたいから』という理由でノーヘルで飛び出してしまうシーンがあって、『これはナシだな』と思った。もちろん前述の『表情を出したかった』というコトなのも理解できるが、それ以上にシビアなレースの世界を描く…となるとナシに感じてしまう。



 ここら辺は意見が分かれるトコロだと思いますが、現実にあるものがをフィクションに落とし込もうとする時は『マンガだから盛り上げを優先させた』というのが通じない領域はあると思います。




 2018534.jpg




 なら持込すりゃいいじゃん。



 今週の『週刊少年ハチ』の冒頭で結構な比率の読者がそう思ったのではなかろうか?このマンガ、一時が万事この調子なのでクラクラする。このマンガの『線引き』ってのが全く見えない。いやいや、お前らそんなコトやっているけど『炎上騒動に対しての学校への非難』はどうなっちゃったの?これを作品盛り上げる為に使った以上はアンサー出さないとマズイでしょ!!



 これがファンタジーマンガバトルマンガであれば『そういうもんだろ』と捉えられるのですが、マンガ家マンガって基本的に『読者の納得』のハードルが高いジャンルだと思うんですよね。フツーにマンガ楽しんでいる人ってマンガ家マンガを手に取らないイメージあるし(ここら辺、バクマンはうまくやったと思います)。



 むしろマンガ専門学校を舞台にするんだったら『ガンガン持ち込やって、あの担当は使えない別のトコに持ち込む』とかフルコンタクト実戦型として『使える方向』にすれば良かったんじゃないか…という気も。このマンガはどうも体裁というかカッコつけに走っているように感じる。それが心地良い方もいるだろう。そして、それこそがマンガの在り方という気もする。



 なんだけど、この線引きが不安定な世界観はどうにもツッコミをいれざるを得ない。いくらなんでも場当たりが過ぎる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp