それは置いといて           板垣巴留『ビースターズ』 - 豚か狼か
FC2ブログ

それは置いといて           板垣巴留『ビースターズ』

週刊少年チャンピオン
12 /04 2018



 『新世紀エヴァンゲリオン』はリアルタイムで観てまして、イロイロあって今はあんまり思い入れが激減している作品なんですけど、やっぱり歴史的名作だと思うし、当時はすっごい熱持ってました。



 この作品の特徴と言えば『謎』を登場人物が『したり顔で語る』というのがあって、これが次は何があるんだろう?という観る側の引力になっていた。この作品の後には『いかにもな謎をもったいぶっている』というのが乱発されて、そのどれもが成功には至ってない気がする(知らんだけかもだけど)。チャンピオン誌にもその影響を受けたと思われる『パニッ(以下検閲により削除)なんてありました。バリアフィールド。




 2018672.jpg



 引力コントロールうまいな~。



 …と感嘆するのが『ビースターズ』だ。前回は『レゴシが他の女性と一緒に居るトコロをハルが目撃する』というエンドでしたが、それは置いておいて新キャラのエピソードを絡めて『読者の興味をいったんズラす』という一手が指された。



 ここで、ハル視点の物語にしないで『いったん時間を置く』という判断が巧いんですよね。が、この『ビースターズ』という作品の面白いトコロは『重大な謎がいきなり明かされる』とか『その回で提示された重大な謎がその回でスグにアンサーが出る』という読者の予想がつかないチャージをかけてくるところにある。



 結果、気が抜けない。



 そして、もったいぶった印象も無い。この作品は『意識高い系』と思わせておいて『読者を楽しませる』という方向に意識が向いているのがいい。今のチャンピオン誌で物語性の特に強い作品であり(もう一つは入間くんに感じる)、こういう作品を載せられるのがチャンピオン誌の強みと言えましょう。賞ラッシュも一段落した感がありますが、この作品はまだまだ面白さが尽きない。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp