悪とは?            西修『魔入りました!入間くん』 - 豚か狼か
FC2ブログ

悪とは?            西修『魔入りました!入間くん』

週刊少年チャンピオン
12 /09 2018



 『悪とは自分の利益の為に弱者を平気で踏みつける者』



 …というのがジョジョ第三部で定義しておりまして、自分はこれに大変な感銘を受けました。これを基盤にして考えると『あらゆることが納得いく』というのがあるんです。



 そして、創作物のお題目としては『悪とは?』という疑問を考え続けるってのは大事なのだと感じます。





 2018686.jpg



 『魔界にやってきた人間・鈴木入間がいろんな事件と絡むことによって成長し、みんなから大きな支持を集めていく』とストーリー説明すると、なんかなろう系みたいでツマンなそう…と言われそうな本作ですが、もちろんそんな訳は無い。


 ここまで楽しく読めている作品ですが、前回の『運命の敵』というのが確定し、ギアが一段上がったように感じます。



 さて、ライバルであるキリヲですが『むしろ善人に見える』というのが怖い。にんつーか、大事な概念がスッポリ抜けちゃっているんですよね。それが分からないという欠陥を抱えている者として。



 『人の笑顔を観るのが好き』ちという方は素晴らしいし、やはり善人に見える。そして、そのコト自体は理由とかそういうのでなく直感的に惹かれるものがあるんですよね。そしてそんな感覚で『絶望する顔が好き』といっているのだから、なんというか救いがたい悪を感じる。


 『人の笑顔を見るのが好き』という我々の感覚が悪とみなされたらどうだろう?


 え?なんで?と困惑するし、とても生きづらいではないか。彼にとっての『絶望を見る』はそういう領域であり、単純な悪よりも業が深いものに感じます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp