適正価格         星野茂樹・石井さだよし『解体屋ゲン』 - 豚か狼か
FC2ブログ

適正価格         星野茂樹・石井さだよし『解体屋ゲン』

週刊漫画TIMES
08 /14 2019

 

 お金は好きか?嫌いか?



 …みたいな質問は生きてりゃあると思いますが、自分は『それ以前に道具だ』と思っているトコロがあるんで好きも嫌いも無いな~ってのが本音です。ここら辺、ウッカリしているとブレるんで注意しなきゃならない。


 なので、多く持っていても格好悪(ダサ)い使い方したら『本人の能力が足らない』というコトになります。ウッカリ大金を持つと自分は『強くなった』とか『エラくなった』と思うかもですが、道具であるんで本人の能力が上がる訳ではありません。



 2019394.jpg



 今週の『解体屋ゲン』は『可視化への道のり』(前編)というコトで、ハイテクやらドローンやらを駆使して



 2019395.jpg



 正確な解体見積もりを30分でできる!!これは革命だ!!



 …とゲンが息巻くも周囲は『大げさじゃないか?』という淡白な反応。しかし、このマンガはキチンとヒントは与えてくれるので読後の思考タイムが楽しいのも魅力!!自分がよく『マンガはできれば雑誌のが良い』ってこういう楽しみもあるからなんですよね。



 そう、革命なのである。



 2019396.jpg



 複数の解体業者から見積もりをもらいC社が最も安いので『ここにしよう』と奥さんは言うも、『こういう業者ってのはテキトーだから、他者は70万だったと言っとけ』と入れ知恵をし、65万に値引きさせる。



 しかし、それで解体業者は利益が出るのか?



 2019397.jpg



 産業廃棄物が出たから追加料金お願いします。キャンセルなら手付き金は返却しません。



 …とまあ、あきれたコトに業者は産業廃棄物を投棄していたのだ。



 これに関しては業者が悪い、ってコトにはなるんですが、おそらく『解体屋ゲン』という作品なので『善悪の二元論語っても何の解決にもならない』という視点は交えてくるだろう。


 ①なぜ、そうなったか?

 ②そもそも解体見積もりが不明瞭で受注側が納得と理解をしてない。

 ③なので解体業者もこういう無茶をする。そして、この負の連鎖は断ち切らなきゃならない。



 …というコトなのではないでしょうか?



 ツイッター界隈などを見ると『賃金を上げろ!!諸外国に比べ日本の賃金は…』とか『日本は没落した云々』みたいな論調を見かけるが、自分は『それはちょっと早計なんじゃない?』って思うトコロがある。少なくとも『明日にはキチンと機能している方法』なんてもんは存在しない。まずはお金の流れが誰もが見渡せ、多いトコロは減らし、少ないトコロは増やすという適正化が必要なんだと思うのです…それが可視化への道のりなんじゃないでしょうか?


 最近のニュースで個人的に『ヤバくね?』と感じたのが弁当チェーンの『ほっともっと』の190店舗閉店予定だ。理由は賃金高騰で売上の悪い店舗を減らす、とのコト。つまり『賃金上げろ』→『上がった!!バンザイ!!』って手放しに喜べないんですよね。失職する人も出るし、そこを利用していた人も困る…結果、経済が後退する。お金はそりゃ欲しいけど、お金はそういう側面もあって『皆が使う共用の道具』でもあるんで。



 少しずつ変えていくしかないんですよね。皆で。


 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp