制約をどうするか?              川端浩典『仁義理の海太郎』 - 豚か狼か
FC2ブログ

制約をどうするか?              川端浩典『仁義理の海太郎』

川端浩典『仁義理の海太郎』
11 /30 2019

 マンガは『自由』である反面、『制約』も多い。



 今年は『ガイキングLOD』にハマったが、あの第一話はロボットアニメとして完璧だな~と思います。その理由が『17分目ぐらいにはバトルに突入してるから』というコト。言い換えれば『それまでに主人公の動機・目的・魅力がキチンと描かれている』という理由から。さらに『ロボットが日常のものではない』という条件も加味されて。


 例えば『戦争ものロボットアニメ』であれば『兵器は非日常のものであるが存在は皆知っている。それが日常に入ってくるという緊急事態』というコトで使える時間に余裕が出る。


 しかし、数々のロボットアニメでも『第一話は主人公が乗り込んだら終わり』というのも少なくない(エヴァとか)。自由を描く為に制約もクリアしないといけないのよ。




 2019573.jpg


 何気に難しい条件の塊!!



 さて、先週から始まった『海太郎』ですが、このマンガはなかなか大変であり、新人が挑むのはとても困難だ。『ウルトラマン』は①怪獣が出現して②ウルトラマンが出て③基本一話以内で倒す…がないと成立しない。



 このマンガは①寿司を作るうえで問題発生②暴走族パートでヒントを得る③基本一話以内で解決


 
 …に思うのであるが、これを毎回やるのは大変だ。さらにやればいい…というものでなく商業マンガである以上『読者に面白い』と納得してもらわなくてはならない。このフォーマットはマンネリ化しやすいが、さてどうしたものか?



 フォーマットは『安心して作品を読める』という部分もあるが、同時に『メリハリを含ませないと飽きる』という側面もある。『自由』と『制約』のせめぎあいの難しさで、マンガの怖い部分が如実に出てしまったマンガだなあ。



 先の展開もキチンと考えているみたいなんで期待したい。こういうマンガ好きだし。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp