アタックアニマル通り魔      平川哲弘『クローバー』  - 豚か狼か
FC2ブログ

アタックアニマル通り魔      平川哲弘『クローバー』 

週刊少年チャンピオン
07 /29 2011
 ひょっとして、日本で一番このマンガの記事書いているのは俺なのか?



 ご存知のようにこのマンガ、チャンピオン単行本ではエラく売れている。が、あんまり『クローバー』について書かれる方はいない(気がする)不思議……。






 これはこのマンガらしさなんかもしんない……。





 
クローバー 21 (少年チャンピオン・コミックス)クローバー 21 (少年チャンピオン・コミックス)
(2011/04/06)
平川 哲弘

商品詳細を見る






 こういうマンガは好き…みたいな好みはあるけど、マンガはこうでなくてはいけない……とは思わない。まあ、イロイロあるし、好き勝手できるからマンガは面白い。




 このマンガは普通にマンガが好きな読者……血眼になってネットの情報を拾う人以外に大きく受け入れられているのだろう。ある意味マンガの理想だ。




 感心するのが読んでて全く疲れないという点だ。もちろんドラマを描いてはいるけど、そんなに出しゃばらないでシンプルに描かれているのは意外と大事なコトなんではないかな…と。これだけマンガが多いと、逆にこういう『ゆるり』と読めるマンガというのも大事なんかなあ……。




 マンガにはそれぞれ良さがあって、『クローバー』は良い部分をどんどん伸ばしているように思います。じゃなきゃ、こんなに長く続かないでしょう。






 今回のバイト編の注目は竹下だ。





 最初は読者にちょっとヤナ奴だな……と思わせて、ちょこっとずつ良い部分を見せてきた。ここら辺のさじ加減が絶妙でいつの間にか『口うるさくも良い先輩』と読者に疲労感なく自然に出しゃばらずに浸透させていくのはやるな~。





 いや、竹下いいヤツですよっ!!




 俺の上司など地震のあった日、『停電が解除されるまで全員残ってろ』といったん帰宅しやがったし。帰ってくるなり『緊急事態なんで、これからは自己責任で行動しろ』とか言いやがるし。




 ……と、いいかっ、これはフィクション!!フィクションだからなっ!!作り話だかんなっ!!



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

宇都宮 勇

魔中年の書く、かなり結構ダメダメなブログです。週刊少年チャンピオンの感想記事をメインにやってます。

メールはコチラまで
BQE01233(あっとまーく)nifty.ne.jp